歩きで山手線一周

健です。休み休みで10時間2分、約43キロ、山手線を東京駅から外回りで、歩いて一周してきました。
みんなどうやって生きてるのかなと思って、前からやってみたかったんです。

東京駅で、朝から戦うビジネスマンたちと別れ、有楽町から続くガード下の飲み屋街へ。
それから海の存在を感じる浜松町から品川。高さが1m55しかなくて、かがんで通らないといけない相当長いトンネル(とはいえみなさん慣れた様子でスパスパ歩いていて取り残される)、古い戸建てと一部豪邸が立ち並ぶ目黒近辺、原宿ではセールに並ぶ若者たち。大久保・新大久保地点ですれ違う人たちから聞こえるのは日本語よりも外国語が多く、母校のある目白を過ぎて、宝石や時計の卸問屋の看板が並ぶ御徒町。

大自然をながめても、せいぜい10分もあれば満足してしまいますが、街や人を見るのは全然飽きません。同じ町でも、ちょっと歩く通りを変えただけで、まったく見せる顔が違います。

最後は東京駅からほど近い、有楽町というか、銀座でしょうか、老舗銭湯で汗を流しました。古いはずなのに、入ってみれば隅々まで超ピカピカの銭湯。常連さんらしき年配さん同士の、「いやあ、有楽町に来ようと思ったら、新木場まで行っちゃったよ!」などという会話を耳に、いやどんだけ遠くまで行っちゃったんすか、と思いながら、山手線一周の旅、完結です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

絵本・児童書では主に背景の絵を担当。税理士。
大学卒業後、ラジオの仕事がしたかったものの、父親が警察官だった影響で自分もつい公務員に。その後、税理士になって独立。
「山手線を徒歩で一周してみる」「各メーカーの麻婆豆腐食べ比べ」
「スタミナドリンク飲み比べ」「競馬でコンスタントに利益をだすことはできないかの試算」などなどに挑んでしまう性分で、計算機を山ほど試したことがあるため、『がっちりマンデー』のカシオさんの回に出演、
オリンピック好きが高じて『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』のオリンピック企画にも出演。
立ち食いそばにもなかなか詳しい。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる