あったまるもの

<今日のブログは会話形式です>
英子:寒くなってきたよねー、そろそろブログ
更新しなきゃね。むかし、雑誌読んでたら
 「心があったまるもの」と「身体があったまる
 もの」を一個ずつ挙げるっていう企画があった
 んだけど、健さんの、心があったまるものって
 何かある?
ケン:心があったまるかあ・・・香田晋さんの『ゆうやけ』。
英:歌?
  えーどんなのだろ(タブレットで検索)。
ケン:俺が買った最後の演歌CDじゃないかな。
   学生の頃。
英:(歌流れる)これか。笑!
  歌詞に、おかあさんの小包出てきちゃうね。
  あったまるものって言われて、急によくこの
  曲出てきたね。
ケン:身体があったまるものは、モツ鍋がいい
   ね。博多の人は、何でも地元のものが
   一番美味しいって言うらしいけど、そりゃ 
   そうかもって思うくらい美味しいよね、
   モツ鍋。
英:健さんそもそも、アツアツのもの、好きだよ
  ね。おでんとか、辛口の麻婆豆腐とか。
ケン:英子さんは?心があったまるもの。
英:韓国ドラマかな。
 『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』、あったまる
 よ。ホカホカだよ。心があったまって涙腺ゆる
 むよ。『マイ・ディア・ミスター』も床暖房並
 みにあったかかった。身体があったまるもの
 は・・・なべ焼きうどん?
ケン:なべ焼きうどん間違いないね。
   俺、小さい頃、家で近所のそば屋に出前頼
   むとき、なべ焼きうどんばっかり頼んた。
   それがまた、まずくてね。
英:まずいんだ笑。
ケン:出汁がきいてなくて、しょっぱいだけな
  の。でもまた頼んじゃうんだよね。出前を
  とるってこと自体が楽しいイベントだったか
  ら、まずくても楽しかったな。
英:「身体があったまるもの」、これだ!ってい
  うの思い出した。レンジでチンするゆたんぽ
  の、『ゆたぽん』だ。毎冬欠かせない。
ケン:ああ!あれ、家族みんなの布団に入れてく
   れてるよね。心もあったまる。
英:いや各自でやってほしいんですけど笑。
  あと、めぐりズムの『蒸気でホットアイマス
  ク』も良い!おととし買った、布団あっため
  機能のついた、布団乾燥機も最高!
  ひとつにしぼれないな。
ケン:ブログになりそう?
英:さっきから考えてた。会話調で、このまま
 書いちゃえばいいんじゃないだろうか、って。
ケン:あ~!それでいこう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

絵本・児童書の企画、文章、絵全般を担当。元銀行員。
独学で『こどもの未来絵本大賞』受賞、『こどもの詩周南賞作詞部門』優秀賞、健との共作で『第三回家族のきずな絵本大賞』大賞受賞。
ブログの文章も担当。

目次
閉じる